FC2ブログ
ふつうの島    アジトサイズ    巨大化?
2005.09.03

競馬の原点、ジャングルポケット

うぃ、競馬話です。

2001年のダービー当日。
当時は私「つきあい」で馬券を買うことはあっても、
積極的に競馬を楽しんでいたわけではありませんでした。

むしろ「なにが面白いの?」とw
競馬=ギャンブルだと思っていたし
面白みなどまったくわかってなかった。

でもその2001年、友人宅のTVにて
たまたまダービーを目撃。
それも、レースを真剣に見ていたわけじゃないんです。
レースが終わって、ふっとTVを振り返った時に。

優勝馬が絶叫している!

勝った馬が、10何万人の観衆に向かって
一人でいななきまくっていたのです。
想像できますか?

それがジャングルポケット君でした。
普通、レースに勝った馬は拍手に送られ、
時には旗手がガッツポーズなど見せながら
スムーズに出口へとハケていきますw

でもその時ジャングル君は
わざわざ立ち止まり
わざわざ大観衆の目の前で
伸び上がるようにしていななき続けたのです。

もうそれを見た瞬間、私の魂はわしづかみにされましたw
彼はなにを叫んでいるんだろう?
後日、新聞などには「ジャングルポケット、勝利をアピール!」
などと書かれていましたが
私には彼がひたすら「なんだよ!なんだよ!」と叫んでいるように
思えたのです。

そう、決して勝利をアピールしたわけではなく
大観衆におびえ、虚勢をはっている姿なのだろうとw
そう思った瞬間、強い馬の強烈さと、幼さと、愛らしさに
私はまるっきり「恋」に落ちてしまったのです。

ここから約1年半、私は彼に夢中の日々を送りました。
エピソードは機会があったらまた後日w

今年の秋、歴史的な牡馬クラシック最終戦を迎えます。
もしかしたら、オグリキャップ以来
いや、ハイセイコー以来の
話題になるのではないでしょうか。
そんな大イベントを前に、
自分の競馬原点を振り返ってみました。

おそまつw

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://janpoke.blog19.fc2.com/tb.php/7-5fb3f0a8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する