FC2ブログ
ふつうの島    アジトサイズ    巨大化?
2007.01.24

とか言ってた(BlogPet)

こないだ、れとのすけが
最近を再生すると明らかなのですが、
最後の4コーナーでディープはGOサインが出ると
他馬をガキ扱いするかのように
グングン伸びますよね。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「アン」が書きました。

スポンサーサイト
Posted at 11:05 | 未分類 | COM(3) | TB(0) |
2007.01.20

最近当たりだった本2冊w

突然ですが、私は活字中毒ですw

2~3日に一冊は、なんかしらの本を買う。
本とビール、やめたらもうちょっと今頃・・・・・・w

グチはさておき。
感覚としてはほぼ毎日に近いのですが、文庫だったり
新書だったり雑誌だったりします。
それだけに当然はずれも多いわけです。
しょうがないんですよね。適当に買うわけですからw

ところがここのところ、ドカーン、ドカーン!
当たりが2冊続きました。
以下読んだ順に。

①『子宮の記憶』藤田宜永 講談社文庫 933円
20070120215139.jpg

主人公は、日常や実母との絶望的な関係性から逃れ
生後三日で自分を誘拐した女
を探します。
誘拐犯である女が住むのは真鶴で。
そこで繰り広げられるもろもろの事象は何とも面白く
ぐーっと引き込まれます。ですが私はその本筋よりも
主人公が愛することになる女性の描写と
二人のやりとりを秀逸に思いました。
とにかくヤバイ女。読めばわかりますがむかつく
むかつくのに、最後には好きになっていました。

②『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎
東京創元社 文庫 648円

20070120221011.jpg

この作品で何よりも気持ちよかったのは、
あ、そうくる!?
という裏切りだと思う。
これも読めばわかりますが、一箇所必ずあるからw
久々に「やられた感」が心地よかったし、
本筋にもグッときました!面白かった。
裏表紙に書いてある宣伝文句を引用すると、
引っ越したアパートで隣人にいきなり
「一緒に本屋を襲わないか」
と誘われた青年の話なのだけど。
それだけじゃ伝わらないと思うんだけどな~w

*****************
なお上の2作品、ともに映画化されるようです。
子宮の記憶http://www.shikyu-kioku.com/
アヒルと鴨http://www.ahiru-kamo.jp/

どっちも観たいw


Posted at 22:24 | 未分類 | COM(4) | TB(0) |
2007.01.06

白猫「元」は、こうして寝る

寒いデスね!

さて先日ご紹介した猫たちの続報?です。
記事にも書きましたが、白猫のほうは
単独でよく我が家を訪れます。
元ちゃん
と呼んでかわいがっています。

さてその元ちゃん、まだまだ子猫です。
写真では老猫のようなボンヤリ感が出てますが、
実際はピチピチ動き、目を真ん丸くして
飛び跳ねています。
およそ一月前から姿を見せるようになりました。
最初はガラス扉のこちらで人間が、
ちょっと動くだけでも飛びすさって逃走。
その逃げっぷりに逆にこちらがビクッ!としたり。

でも最近、徐々に我が家周辺に慣れてきたようで。
20070106173910.jpg

↑なぜか半身のぞかせながら、ウトウト。
家の中は気になるけど、気にされたくはない
そんなところでしょうかw

少し時間が経つと警戒心が緩むのか
眠気には勝てないのか。
20070106174014.jpg


そして更に時間が経つとこうです。
20070106174303.jpg

もう全身まるっきりこちらから見えていても
お構いナシに目をつぶってウトウト。

まだ伏せて寝るところまでは、
心を許していないようですがw
だらしない寝姿を披露するまでそうは
時間かからないでしょう。
もう約5年付き合ってきた血統なので
手に取るようにわかりますw
無事に育て!\(゚▽ ゚)ノ/
Posted at 17:48 | 未分類 | COM(9) | TB(0) |
2007.01.02

謹賀新年&禁断の二匹猫

賀正!今年もよろしくお願い申し上げます♪

さて新年も早いもので2日目。のんびりムード漂う私の正月
ですがなんとも反則に近い光景を先ほど目の当たりに
しました。
↓コレ。
20070102154043.jpg

え、えええええ!?
とわが目を疑いたくなるぐらいどこかの二匹
似ている彼ら。
そう、2005年から2006年にかけて我が家に居ついていた半ノラ猫
グレ&キック兄弟
あまりに似ているのです・・・・・・。
↓当時ブログにアップした画像から適当に選択w
20070102154359.jpg

↓もういっちょw
20070102154449.jpg

細かく見ると二匹とも全然違うんですけどね。
白猫と灰色兄弟猫のツーショット見ると、
どうしても思い出してしまうw

グレ&キックが姿を消して以降も、彼らノラ猫一族は次々と
刺客を送りこんできていました。(コレとかコレとかコレw)
しかし今回の二匹は、これら刺客とは違う意味で私や家人の心を
掴みつつありますw

なお冒頭の白猫のほうは、単独で我が家を訪れることが多く
元ちゃん(元気だからw)と呼んで可愛がっています。
続報、載せられるといいな!



Posted at 15:55 | 未分類 | COM(6) | TB(0) |