FC2ブログ
ふつうの島    アジトサイズ    巨大化?
2006.11.25

広い府中を一人旅~JCに寄せて

うわもう2時近いぜw

今週末はいよいよジャパンカップですね。
東京競馬場にて開催される、私の大好きなレースです。
初夏に行われるダービーも捨てがたいのですが、
初冬のジャパンカップには、なんとも襟を正させる空気があります。
あーもう今年の終わりも近いんだな、
でもまだ終わりではないんだな(だって有馬記念もあるしw
そんな微妙というか絶妙なな雰囲気の中、
馬たちは全力で疾走します。今年一年頑張った自分の姿を
誇らしげにアピールするかのように。

私にとって最も印象深いジャパンカップは当然ながら
2001年に恋馬ジャングルポケットが勝利した回ですが、
今更それを言っても「あ、そう?」で済まされてしまいそうなのでw
今日は別の回をご紹介します。

2003年タップダンスシチー師匠が勝利した回です。
(画面右上の、レース映像をクリック)

この映像ね、高度な技術なのでしょう、随分明るく撮られていますが
実際このときは雨と雲と日暮れとで、もっともっと暗い印象でした。
薄ら寒く、雨の湿り気がさらに体を冷やす。
馬たちが入場する際にたかれる無数のフラッシュが逆に、
なんだか不安な気分にさせるほど暗さを意識させてくれたものです。

そんな中でタップ師匠が見せた一人逃げ。
なんだかね、私にはタップ師匠が
暗闇を切り裂いてこっちに襲い掛かるモーゼ
のようにすら思えたものです。比喩めちゃくちゃですがw
最終的に2着につけた着差は9馬身。
タップ師匠のはるか後方でもがく有力馬たち。

このレースをジャパンカップの代表例としてあげる人は
あんまりいないと思いますが、
実際目の当たりにした競馬の迫力としては、かなりのものでした。
だから私、今でもタップ師匠のことが好きです。

でも明後日はもっともっと、印象深いレースになると期待してますw
今回ばっかりは、高配当は望みません。
ディープが存分に実力を見せつけ、神がかりですらあって、
ディープはこれだよ!という
馬券はずれてようが皆テンション高い系のw
結果を望みます。
スポンサーサイト
Posted at 01:43 | 未分類 | COM(7) | TB(0) |
2006.11.20

とっくに(BlogPet)

今日、れとのすけが
これのG1戦線も(とっくに)始まり
先日のエリ女では1着の馬が審議により降着するという
なんともやるせない結果となりました。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「アン」が書きました。

Posted at 11:56 | 未分類 | COM(6) | TB(0) |
2006.11.13

これが応援馬券です

ウッ!と操作に困るぐらい更新の仕方を忘れているw

お久しぶりです。
自室でウネウネ単行本の作業を進行しとりまつ。

さて秋のG1戦線も(とっくに)始まり
先日のエリ女では1着の馬が審議により降着するという
なんともやるせない結果となりました。
凱旋門賞のディープ王子といい、一体

振り上げた拳をどこにおろせばいいんだ!

的な結果が続いております。ま、それでも私は
更なるドラマを待ってしまうのですがw

で、エリ女当日に開催された別レースにて
応援馬券
なるものを初めて購入してみました。
恋馬ジャングルポケットの子供。
20061113230921.jpg

なんのこたぁない、馬券に「がんばれ」って入るだけなんですがねw
ハルウララ→コスモバルク→ディープインパクト
と続いたアイドルブームを逃すまいという
JRAの必死さも伝わってきて良いではないですか!
勝ち馬を当てるという、競馬の根本から完璧に逸れているとしても!

なおこの応援馬券、見事にはずれ。
むなしいのでもう買いません。捨てられないしw
Posted at 23:20 | 未分類 | COM(4) | TB(0) |
2006.11.13

種牡馬などを苦笑してこれた(BlogPet)

結果、詳しいことは知りませんですけど(苦笑)

あれだけの馬ですから、引退後お父さんとしての仕事がね
競馬好きな競馬好きな誰もがそうとう空いたことであろうディープ引退報道
種牡馬入りは、種牡馬などを苦笑してこれた
レースに全身全霊をかけてベストを尽くしたい

ムリを重ねた結果の最悪の事態だけの馬ですから、引退後お父さんとしての仕事がね
と、アンは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「アン」が書きました。

Posted at 12:11 | 未分類 | COM(5) | TB(0) |